Kada-Live

循環器内科向け映像収録配信システム

院内で発生するモダリティ映像のほか、カテ室映像、カメラ映像を収録し、ライブ配信&保存&配信まで実現します。

Kada-Liveの特長

「Kada-Live」はカテ室の状況とモダリティから発生する透視&撮影像を同時に収録し、保存、配信を行うシステムです。カテーテルを挿入する手元映像やカテ室内に設置した複数のカメラ、 モダリティが撮影する映像をまとめて収録・配信できるため、院内ライブ&カンファレンスにも活用できます。

システムイメージ

モダリティ Kada-Live 院内システム
  • DICOMに準拠しており、 患者情報の取得やPACSとの連携が可能
  • IP映像伝送により導入費用を削減、システム拡張も柔軟に
  • 院内の様々な映像、画像の保存・管理も可能
  • カテ進捗・術場監視・研修目的等さまざまな用途に利用可能、検査中のライブ配信にも対応

 

構成ソフトウェア

DICOM+収録動画再生ビューワー『Kada-View Zero』

DICOMだけではなく、収録保存された映像も再生可能です。

ライブ中の映像を再生『Kada-Live Viewer』

収録映像をリアルタイムで再生可能なビューワーです。

録画・オーダー取込みをコントロール『Kada-Rec Manager』

検査オーダー、収録操作をコントロールし管理します。

DICOM+MPEG4動画を管理『Kada-Serve(動画サーバ)』

従来のDICOM保存から更なる機能アップによりMPEG4形式も保存します。

最新の導入事例

Kada-View無料体験版、並びに各製品のカタログをダウンロードおよびご請求いただけます。

フォトロンM&Eソリューションズの医療ソリューションの導入事例をご紹介します。