3mensio Structural Heart

TAVI支援術前シミュレーションソフト

3mensio Structural Heartは、TAVIを支援するために開発されたソフトウエアです。
直観的なグラフィックユーザーインターフェースにより、迅速かつ簡便に大動脈弁やアクセスルートを視覚化し分析することができます。
術前のシミュレーションの時間を大幅に短縮し、ワークフローの効率化が図れます。

3mensio Structural Heartの特長

大動脈解析

自動描出機能

わずか数秒で上行大動脈を分離、描出し内腔中心線を求めます。
手動で内腔中心線の修正とアニュラス面の定義をおこない解析に移行します。

解剖学的評価

大動脈弁の評価に適した測定ツールを多数装備。

  • ※カルシウムスコアリングによる石灰化の定量解析;閾値の設定や各弁に分けての解析が可能
  • ※LVOT、Annulus、Sinuses、上行大動脈などの内径測定
  • ※アニュラスから冠動脈入口部までの距離などを測定

Hockey Puck View

大動脈弁及びその周辺を切り出して描出し、様々な角度から観察することにより、形態的な様相の把握が容易にできます。

  • ※Rosenhekグレーディングによる石灰化の4段階評価
  • ※4Dシネにより大動脈弁の状態の視覚的評価

Simulated Angio View

X線がアニュラス面に平行して照射されるアンギオ装置のCアームの角度を算出。X線が並行照射される状態を保持したまま大動脈の周囲を回転させることができ、弁の見える順序の変更や左右の冠動脈の入口部が見える角度などを探すことができます。

  • ※Virtual Valveにより、各種サイズの人工弁を仮想的に置換可能

アクセスルートの評価

Femoral Approach

目的血管を自動描出しセンターラインを定義し、ストレッチビューにて詳細な血管径、石灰化の様相、屈曲の度合いを表示します。使用できるカテーテルのサイズやアンギオ装置の最適なCアーム角度も求められます。同様に鎖骨下動脈からのアクセス評価もおこなえます。

Apex Approach

左室の長軸像より大動脈弁の中心と心尖部のエントリーポイントを直線で結ぶことによりカテーテルの入射角度を決めることができます。その時の左室流出路との角度も算出されます。

認証番号 第22100BZX00525000号

レポート作成

患者属性情報は自動的に取り込まれ、必要とされる測定結果も自動的に記録され、解析結果の画像も簡単にレポートに添付でき、迅速かつ簡便に分かりやすいレポートの作成がおこなえます。

最新の導入事例

Kada-View無料体験版

Kada-View無料体験版はこちらからご請求いただけます。

循循環器向けDICOM動画ネットワーク製品などの医療ソリューションなどの医療ソリューションカタログをダウンロードおよびご請求いただけます

フォトロンM&Eソリューションズの医療ソリューションの導入事例をご紹介します。