Bee8

収録システム

前面ボタンで収録スタート
USB・ネットワーク経由で手軽に動画を取り出し

「Bee8」は、スタンドアローンで動作し、筐体前面のボタン操作で手間なく収録を開始/終了できる収録システムです。USBデバイスへの収録や、ネットワーク経由で手軽に動画を取り出すことも可能です。

Bee8の特長

ボタン操作で簡単収録

スタンドアローンで動作し、筺体の前面についているボタンで録画操作できるので、手間なく収録を行えます。

最大3つのカメラ・PCなどのHD映像を合成して収録

最大3つのHD映像を入力でき、合成レイアウトを選択するだけで、簡単にH.264形式の動画コンテンツとして保存できます。
汎用的なファイル形式であるH.264で動画コンテンツが作成されるため、変換作業などをおこなうことなく、すぐに配信が可能です。

USBデバイスへの収録で、すぐにコンテンツ利用

筐体の前面に接続したUSBデバイスに、動画コンテンツを直接収録、またはファイルコピーして取り出せます。

コンテンツのサーバ保管を自動化/外部AVシステムとの連携

指定したディレクトリに、収録後の動画コンテンツをFYPで自動転送できます。
また、RS-422での接続に対応しており、タッチパネルなどの外部システムから、収録の開始/停止などの操作を制御できます。

仕様

収録形式 H.264*
映像入力 DVI 3系統
音声入力 ライン(3.5φステレオミニプラグ) 1系統
マイク(RCA) 1系統
映像出力 HDMI 1系統
記録装置 HDD(1TB)
外寸 (W)430×(H)44.5×(D)332mm
本体質量 約1.85kg

*の形式はライブ配信可能

最新の導入事例

関連製品

講義/研修収録システム、動画配信分析システム、アクティブラーニングツールなどの教育ソリューションカタログをダウンロードおよびご請求いただけます。

授業・講義・研修・セミナー・講演などを、簡単に映像コンテンツにできる収録システムや、コンテンツ管理/配信システム「Power Contents Server」の導入で、課題を解決したお客様の事例集をご紹介します。